HOME » 手術の前に読んで安心!豊胸FAQ » アフターケアについて教えて!

Q8

豊胸後のアフターケアについて教えて!

豊胸後に十分なアフターケアが必要な理由

術後の回復やバストの大きさ・形の維持などにアフターケアが必要

豊胸術は術後のアフターフォローがとても大切です。アフターフォローをちゃんとしたか、していないかで術後の回復やバストの大きさ・形の維持などに大きな影響が出てしまうんです!豊胸術を受けようと考えている方はしっかり頭に入れて施術にのぞんでくださいね。

豊胸術後にケアを怠ったために起きることで一番多いのはシリコンバッグ豊胸のカプセル拘縮です。これは、身体の中に異物を入れたことによる自然な拒絶反応で、必ずバッグの周囲に薄い膜ができます。しかしこの拒絶反応が強くなるとバッグの周りにより厚い膜を作って押し出そうとするので、圧迫されて硬くなってしまい、ひどくなるとバストの形も不自然になるだけでなく痛みもでてきます。

これを防ぐためには術後のアフターケアがとても重要です。術後2~3日は絶対安静が必須。ここで無理をすると施術部位のみでなく、身体全体への負担も大きくなるので、仕事も休んだほうがいいです。抜糸まではシャワーのみで入浴はNG、1週間後に抜糸をしたらマッサージを開始します。腫れや痛みは術後2週間くらい続くので、圧迫しないように下着はなるべくしないようにします。1ヶ月くらいで状態は安定してきますが、安静と十分なマッサージをすることでバストの状態が数段良くなります。

脂肪注入豊胸術でもアフターケアはほとんど同じです。バッグ挿入のように拘縮は起きませんが、脂肪を注入した部分は不安定なので定着するまでの2~3週間は安静が必要で、激しい運動もNG。脂肪石灰化を防ぐために十分なマッサージをして脂肪の定着を促進させます。マッサージは医師による指導を受けて行い、絶対に自己流ではしないでください。

どんなケアが必要なのか?

安静・マッサージ・修正手術

豊胸術前に確認しておきたい術後のアフターケアには「安静」、「マッサージ」、「修正手術」があります。基本的に豊胸術は日帰りでもOKとされていますが、麻酔を使うので術後は回復室で休む必要があり、個室があればよりリラックスできます。

また、施術によっては一泊入院が必要な場合もありますので、施術を受けるクリニックできちんと対応ができるかどうか確認するようにしましょう。豊胸術後はマッサージをします。特にシリコンバッグ豊胸術後はカプセル拘縮を予防するためにマッサージはとても重要です。マッサージ指導があるか、抜糸後にマッサージをしてくれるのかなどクリニックに術後対応があるかどうか確認しましょう。

自分で考えていたような形にならなかった時や失敗と感じた時に修正手術をしてくれるのかどうかについてもクリニックに確認しましょう。そして、有料の再手術はどういう場合なのか、無料修正手術はしてくれるのかどうかについても確認しましょう。思ったよりも大きくならなかったという場合は、ほとんどのクリニックで有料手術となります。明らかにいびつで形がおかしい場合やシリコンバッグが破損した場合などの手術は無料で行っているクリニックが多いです。

アフターケアが充実したクリニックを選ぼう

技術や信頼性だけでなくアフターケアも重要

豊胸施術後のアフターケアはとても重要です。手術の仕上がりも大きく左右するので、クリニックを選ぶ時には技術や信頼性に加えてアフターケアをしっかりと行ってくれるかどうかも確認する必要があります。上手に施術できても、アフターケアをちゃんと行ってくれなかったためにトラブルが起こるケースも少なくありません。

人口バッグ挿入で異物に対する拒否反応が起こり、周りに被膜を作ってバッグを圧迫します。するとバッグが硬くなり被膜が厚くなるため不自然なバストになってしまうので被膜がバッグに密着しないようなマッサージが術後は必須です。このマッサージが手術の仕上がりを決めると言っても良いくらいなので、ちゃんとマッサージを行ってくれて、自宅でのマッサージ指導もキチンとしてくれるようなクリニックを選びましょう。

マッサージに併せてCET温熱法を行ってくれるかどうか、バッグがずれないよう固定するバストバンドを貸出ししてくれるかどうか、万が一バッグが破損した場合や位置や形が異常な場合にバッグの交換や摘出を行ってくれる保証制度があるかどうかについてもしっかり確認しておきましょう。脂肪注入法でもマッサージは必須ですが注入した脂肪が定着した3週間後になります。適切なマッサージを行ってくれて、自宅でのマッサージ指導もキチンとしてくれるようなクリニックを選びましょう。脂肪の吸引部のアフターケアも必要なので、内出血や腫れを抑えるCET温熱法があるかどうかも事前に確認しましょう。効果が無い場合の再手術保証制度があるかどうかも確認しましょう。