HOME » 豊胸手術の種類を紹介 » シリコンバッグ豊胸(人工乳腺法)

豊胸手術の種類を紹介

シリコンバッグ豊胸(人工乳腺法)

シリコンバッグ豊胸(人工乳腺法)

一度に大きなバストアップができ、効果も持続しやすい

シリコンバッグ挿入豊胸術はバストにシリコンバッグを挿入する豊胸術で、シリコンバッグには生理食塩水バッグ、シリコンバッグ、バイオジェルなどの種類があります。他の豊胸術と比べて体内に吸収されることがないので施術時の大きさのままキープすることができます。希望の大きさに胸をバストアップでき、1カップから3カップくらいまで可能なので、胸を確実に大きくしたい人におすすめの方法です。こちらではシリコンバッグ豊胸(人工乳腺法)の治療法、シリコンバッグの種類、メリットとデメリット、費用の目安、治療期間やダウンタイム、口コミ、おすすめのクリニック3選について紹介します。

シリコンバッグ豊胸とは

素材や耐久性が飛躍的に進歩したシリコンバッグ豊胸

シリコンバッグ豊胸はシリコンバッグを胸に挿入することによってバストアップする豊胸術です。バッグには色々な種類があり、それぞれ特性があるので、体質や好みに応じて選びます。最近はシリコンバッグ豊胸術も進歩し、人体に無害な素材開発やバッグの耐久性も向上し、飛躍的に安全性もアップしています。施術は脇の下のシワに沿って切開してシリコンバッグを挿入しますが、傷跡は数ヶ月でほとんど目立たなくなります。体内組織がバッグの周りを締め付けることによって胸が硬くなる“カプセル拘縮”を防ぐ必要があり、術後のマッサージは欠かせません。

効果とリスク効果とリスク

バッグのサイズによって3カップ以上のバストアップが期待できる

シリコンバッグ挿入豊胸はバッグのサイズによって3カップ以上のバストアップが期待できます。挿入したバッグは取り出すこともできるのでサイズを修正することができます。脇の下をメスで切開してバッグを胸に挿入するので、ほかの豊胸術と比べると痛みは強く、個人差がありますが、腫れたり内出血が起こることもあります。 シリコンバッグと身体の相性が悪い場合、しこりができたり胸が硬くなったりすることがあり、そのせいで脇からひじにかけつっぱる感じがします。

持続性持続性

シリコンバッグは半永久的で入れ替えは不要って本当? 

シリコンバッグは体内に吸収されることがないので他の豊胸術よりも長期間バストアップ効果とそのままの大きさをキープできます。最近のシリコンバッグは進化しているので高性能で寿命も長いものが多いですが、バッグの種類によって耐久性は異なってきます。また基本的にシリコンバッグは半永久的で入れ替えは不要と言われていますが、劣化によって破損することもあります。10年くらいたったら超音波などで破損がないかどうかチェックすることをおすすめします。

手術方法と痛み

シリコンバッグ豊胸術で最も痛みが少ないのは筋膜下法

シリコンバッグ豊胸術には「大胸筋下法」、「乳腺下法」、「筋膜下法」の方法があります。大胸筋下法はわきの下にあるシワに沿って数cm皮膚を切開してバッグを入れます。大胸筋の下にバッグを入れるのでバッグを入れたことが分かりにくいですが痛みが強めです。乳腺下法は乳房、ワキの下、乳輪いずれかを3センチ程度切開してバッグを入れます。大胸筋の下を剥がさないので大胸筋下方に比べると術後の痛みが少ないです。筋膜下法はワキの下を切開して乳腺と大胸筋の間にある薄い筋膜の間にバッグを挿入する方法で、大胸筋を剥がさないので術後の痛みや腫れが少なく、回復も早いです。豊胸術で行われる麻酔は大きく分けて全身麻酔、静脈麻酔、硬膜外麻酔、局所麻酔の4種類があり、麻酔の使用には高い技術や経験と細心の注意が必要です。

こんな人にオススメ!

シリコンバッグ豊胸はこんな人にオススメ!

ほかの施術方法とは違い、一度に大きなバストアップができるシリコンバッグ豊胸。バッグを体内に入れることで心配な点もありますが、そのあたりも含めたうえで「1回で大きくしたい」「定期的にヒアルロン酸などを注入するのはちょっと…」という人には向いている施術法といえるでしょう。

シリコンバッグの種類

コヒーシブ
シリコンバッグ

やわらかく本物のバストにより近い感触

シリコンジェルが進化したもので本物のバストにより近い感触があります。中身のシリコン凝集率が高いため万が一周囲の膜が破損してしまっても漏れる心配がありません。近年はさらにやわらかいソフトコヒーシブも開発されています。

生理食塩水
バッグ

破れても体内に吸収され影響が少ない

生理食塩水は人体の血液と等しい浸透圧を持つ代用血液。生理食塩水バッグはポリウレタンバッグに生理食塩水に入れたもので、万が一破れても体内に吸収され人体への影響がなく安心ですが、液体なので自然な形をつくりにくいです。

シリコン
ジェルバッグ

とにかく環境にやさしいのが特徴

豊胸術で古くから使われ、バッグ豊胸の代名詞だったこともありました。シリコンは自然界には存在しない物質ですが、化粧品や医薬品にも使われる環境にやさしい物質。 現在ではシリコンをバッグに注入して使うようになりました。

CMCジェル
バッグ

自然に近い感触に仕上がる

食品にも含まれる天然水溶性物質CMC(カルボキシメチルセルロース)を使用したバッグで、万が一破れたとしても体に吸収されると言われていました。しかしトラブル報告により安全性が見直され、現在では使用自粛となっています。

メリット

  • 一度に1~5カップのバストアップが可能です

    脂肪注入豊胸術やヒアルロン酸注入豊胸術は2カップ程度のバストアップしかできませんが、シリコンバッグ豊胸術の場合は一度に1~5カップのバストアップが可能なので、希望通りの大きさのバストに確実になれます。

  • 施術後と同じ大きさをずっとキープできます

    少しずつバストアップの効果が薄れていくヒアルロン酸注入や脂肪注入に比べて、シリコンバッグ豊胸術の場合は体内に吸収されることがないので、施術後とほとんど同じ大きさをキープすることができます。

  • 希望するサイズにバストアップすることが可能

    痩せている人がバストアップしたい場合、脂肪注入だと豊胸に必要な脂肪を十分に吸引できないので希望する大きさになりませんが、シリコンバッグの場合は希望するサイズにバストアップすることが可能です。

デメリット

  • 医師の技術や切開部位によっては傷痕が目立つことがある

    シリコンバッグ豊胸術は皮膚を5cmくらい切開するので、医師の技術や切開する部位によっては、傷痕が目立ってしまうことがあります。ヒアルロン注入などはメスを使わないので、注射痕は徐々になくなります。

  • バッグが破損して中身が漏れてしまうことがある

    バッグが破損したり、中身のジェルが漏れ出したり、細菌による感染などのリスクがあります。バッグが破損して中身が漏れてしまった場合、バストが小さくしぼんでしまい、安全性に問題があることもあります。

  • カプセル拘縮がおきてバストが硬くなって変形することがある

    シリコンバッグ自体は無害なのですが、体内に異物が入ってくると、その影響を取り除くために異物の周りに被膜を作る防衛反応がおこります。結果、バッグが小さく硬くなってしまい、バストが変形します。

費用の目安

バッグが大きくなっても料金が変わるということはありません

豊胸術は保険適用外なのでクリニックによって費用が異なります。脂肪注入豊胸やヒアルロン酸注入豊胸のように、大きさによって量が違うので料金が変わるということはありません。施術費用の相場は250,000円~850,000円前後といったところで、他の豊胸術と比べると高めなのですが、施術が大掛かりであることや、ダウンタイムが長く術後のケアも十分行わなくてはならないので、どうしても費用が高くなってしまいます。使用するバッグの種類や材質でも値段が変わりますし、クリニックによってはアフターケアがオプションのところもありますので、施術を受ける前に術後の処方薬やアフターケアなど、バッグ挿入以外にかかる費用などについて、しっかり確認しておきましょう。

治療期間

施術後、3か月間は通院が必要です

シリコンバッグ挿入術の術後は、定期的に通院が必要です。普通、術後の浸出液などを体外に排出するためにつけるドレーンと呼ばれる管をつけていますが、術後2~3日後に抜去します。数日後に診察とガーゼ交換を行い、1週間後に抜糸し、2~3週間後に診察、その後は1か月ごとに通院して診察とマッサージをします。施術法によっては抜糸が不要だったり、挿入するバッグによってマッサージが不要なこともありますが、術後3か月の通院は必須と思って間違いないでしょう。それは挿入するバッグが合わずにバストが硬くなる「被膜拘縮」は一般に術後3か月以内に発生するからです。術後3か月たって、特に経過に問題がなければ通院終了となります。

ダウンタイム

豊胸術の中でシリコンバッグ豊胸術のダウンタイムが一番長いです

豊胸術の中でシリコンバッグ豊胸術のダウンタイムが一番長く痛みも続きます。シリコンバッグ豊胸術の中でも大胸筋の下にバッグを入れる「大胸筋下法」はかなり痛みがあります。 乳腺下法の場合は施術日を含め4日、大胸筋下法の場合は1週間くらい休む必要があるでしょう。豊胸術の中で最も痛みが大きい大胸筋下法の場合、動けないような痛みが2~3日あり、その後1週間~10日くらい痛みが続きます。 乳腺下法や筋膜下法の場合、強い痛みは1~2日、その後1週間程度痛みが続きます。術後はバストに内出血が出て青紫色になったり、腫れてバストが大きく感じられたりすることがありますが、だいたい7~10日でおさまります。

口コミ

30歳

バッグをいれて5年ですが何も問題はありません

いろいろな豊胸術がありますがバストを大きくしたいならシリコンバッグが一番確実です。幹細胞注入をした友人は何百万円もかけたのに少ししか大きくならずしこりもたくさんできたと言ってましたが、私はバッグをいれて5年ですが何も問題は起きていません。

20歳

バッグ挿入後の仕上がりにはとても満足しています

以前にpppジェル豊胸をしたのですが1ヶ月で元に戻ってしまいました。思い切って80万円くらいかけたのにとても残念でした。その後、豊胸専門クリニックでシリコンバッグ挿入術を受けましたが仕上がりにはとても満足しています。

30歳

ぺったんこだった胸が人並みになってうれしい

シリコンバッグ豊胸術を受けて4年経ちますが、大きさはそのままで全く問題ありません。脂肪注入した友人は1年くらいでちいさくなってしまったそうなので、一番シリコンバッグが安定していると思います。ぺったんこだった胸がコンプレックスだったのですが人並みになってうれしいです。

 

シリコンバッグ豊胸術でおすすめのクリニック3選

湘南美容外科

施術件数は日本一!施術の種類も豊富

豊胸術数3万件以上と日本一の実績を誇り(2016年1月現在)、本院・分院含めて全国で50院という人気のクリニックです。まだ他クリニックでは導入数の少ない最新豊胸術「アクアフィリング」を真っ先に導入するなど痛みや負担の少ない最新治療法を積極的に取り入れ高度な施術が受けられると評判です。

湘南美容外科

料金目安

・豊胸インプラントバッグMotiva…470,610円(税込) ・Motivaエルゴノミックス…639,900円(税込)

ナグモクリニック

バストの専門医だから安心して任せられる

バスト医療に特化しているナグモクリニックはバストの美容から健康までトータルにケアしてくれるところが魅力のクリニックです。ドクターは全員バストの健康・美容・機能・乳がんや乳腺症などの疾病とバストに関することには精通した専門医なので安心して施術を受けられます。

ナグモクリニック

料金目安

・アンダー法…838,000円(税込) ・腋窩法…742,000円(税込)

聖心美容クリニック

高品質の美容医療にこだわってサービスを提供

聖心美容クリニック(旧聖心美容外科)は開院からずっと一貫して品の高い美容医療を行っているクリニックです。サービスや技術の向上に努力し続け、美容外科クリニックで初めてISOを取得し、世界の優れた医療技術も積極的に取り入れています。

聖心美容クリニック

料金目安

・ソフトコヒーシブ…783,000円(税込) ・アナトミカルコヒーシブ…869,400円(税込)