HOME » 豊胸以外の胸部整形 » 乳輪縮小

乳輪縮小~乳輪を小さくしたい人向けの治療~

大きい乳輪を小さくしたい人は乳輪縮小術で小さくできる

バスト全体を見ると乳輪が大きすぎたり、生まれつき乳輪が大きかったり、バストの成長や授乳で乳輪が広がってしまっていることを「乳輪肥大」といい、バストの大きい人が比較的なりやすいです。乳輪が大きいと悩んでいる方はとても多いのですが、ほとんどの人が誰にも相談できずに1人で悩み続けているようです。これまでは乳輪を小さくする良い方法がなかったのですが、最近では乳輪縮小術を行うクリニックが増え、思い切って施術を受ける方も増えてきています。

豊胸以外の胸部整形

こんな症状に注意!

  • 他院で治療したが元に戻ってしまった
  • 異性との交際で積極的になれない
  • 温泉などで人目が気になる
  • 乳輪が大きいことがコンプレックス

原因は?

妊娠、遺伝、自律神経の乱れなどさまざま

乳輪は大きい人だと7~8cm、小さい人だと3cmくらいの場合があり、大きさには個人差があります。理想的な乳首の大きさは高さ、直径ともに8~10mm、乳輪の大きさは30~35mm、標準的な乳輪の大きさは40~50mmとされるので、5cm以上ある乳輪は大きいと言えるでしょう。とはいえ、胸が大きい人は乳輪も大きいのが自然なので胸の大きさの釣り合いもあって一概にはいえません。乳輪が大きくなるのは、妊娠によるもの、遺伝的によるもの、自律神経の乱れによるものと考えられています。

乳輪縮小治療の方法

小さくはできるが不自然になるケースも

乳輪の大きさを縮小する方法には、乳頭周囲の乳輪をドーナツ状に切開、切除して乳頭基部で縫合する方法と、乳輪の外側の皮膚をドーナツ状に切開、切除して縫い寄せる方法がありますが、どちらにもメリットとデメリットがあります。後者は十分に縮小出来るというメリットがありますが、外縁を切除するのでもともと乳輪にあるグラデーションがなくなってしまうので不自然になるというデメリットがあります。 前者は傷が目立ちにくいというメリットがありますが、切除が十分に出来ないので、あまり小さく出来ないというデメリットがあります。

施術にかかる時間

およそ1時間の施術のあと、30分は安静に

施術時間は約1時間です。当日は局所麻酔で施術を行い、術後は傷口を保護するガーゼをあてます。ガーゼに血液が滲むことがありますが、少量なら心配することはありません。術後は30分程度安静にし、基本的に入院は必要ありません。 痛みが出た場合は処方された痛み止めでコントロールします。当日はシャワーを控えて安静にし、うつ伏せで寝るのは2週間くらい控えてください。

施術中の痛み
ダウンタイム

術前2週間〜術後1ヶ月は禁煙

7~14 日間、乳輪や乳頭周囲に腫れが出る可能性があります(個人差あり)。感染症や内出血した場合には腫れが長引くことがあります。術後しばらくは、むくみますが、時間とともにだんだん馴染みます。傷の赤みは数ヶ月かけて一時的な色素沈着の薄茶色から白っぽい線になっていきます。喫煙は血液循環が悪くなるため傷の治りが悪くなり、細菌による感染の原因にもなります。

乳輪縮小治療の費用目安

両方の胸で45万円が最安

乳輪縮小術の費用は両乳房でだいたい45~64万円程度です。